中国 新型iPhone転売屋の末路

 

中国 新型iPhone転売屋の末路



中国の転売グループが、日本で9月19日に発売されたiPhone6を買うために、ホームレスを雇って並ばせ、問題となった件は未だ記憶に新しい。グループは中国でまだ発売されていないiPhone6を自国で高額で転売し、利益を得ようと考えていた様子。だが、その末路は多くが悲惨なものになっているようだ。中国政府は密輸の摘発に力を入れ、上海の空港や香港―中国間の税関などで数多くのiPhone6を押収。9月28日には30代の日本人女性までもが、計453台のiPhone6、及びiPhone6 plusを持ち込もうとした疑いで中国当局に拘束された。また、あまりに多くの人が転売目的でiPhone6を持ち込んだため、中国国内で価格が暴落。仕入価格より下回ってしまうケースも相次いでいるという。中国では10月10日にiPhone6を発売するとの報道も現れており、今後ますます価格は下落する見込み。楽して儲かる話なんて、そうそうないのである。

—————————————-­—————————————-­———-
TomoNews(トモニュース)は最新ニュースを素早くCGアニメーション化し、より分かりやすく発信する動画メディアです。

チャンネル登録はこちら:
http://www.youtube.com/user/tomonewsjp?sub_confirmation=1

トモニュース無料アプリ
Apple App Store:https://itunes.apple.com/app/tomonews/id633875353
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nextmedia.gan

トモニュースSNS
Facebook:https://www.facebook.com/TomoNewsJP
Twitter:https://twitter.com/TomoNewsJP

お問い合わせ先
E-mail:info-jp@tomonews.net・・・続きはこちら⇒中国 新型iPhone転売屋の末路


新せどりの眼奥義継承
新せどりの眼奥義継承
通算3,000人以上が手にした伝説のせどり教材、せどりの眼が最新ノウハウを引っ提げて帰ってきた!! せどりは、従来のやり方では稼げなくなる! いきなりですが、 インターネットビジネスの登竜門と言われるせどり。
このせどりでは、今後、稼げなくなる人がどんどん出現します。
これは脅しでも何でもなく、 この数年の間だけでも、 多くのせどらーが稼ぐことを諦めて、 ビジネスの世界から退場していきました。
それはある意味、当然のことなのです。
ビジネスの世界には「XとYの法則」という普遍的な法則があります。


*こちらの記事は私が役立つ記事だと思いましたので、WEB記事を引用させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。